企業研究のいろは④
「現職社員/元社員から話を聞く」

キャリア採用 新卒採用

2022年03月7日

by 中山雄一・リクルートチーム

企業研究のいろは④<br>「現職社員/元社員から話を聞く」

プリンシプルリクルートチームの中山です。

前回に引き続き企業研究のポイントをお伝えします。 (前回記事:「募集要項を読む」

企業研究の方法まとめ

  1. まずは企業研究の方法をまとめます。

    企業HP/採用HPを見る

    会社説明会に参加する

    募集要項を読む

    現職社員/元社員から話を聞く←今回記事の内容

    競合他社を調べる

    実際に店舗やオフィスを訪れる

    企業アカウントのSNS


現職社員/元社員から話を聞く

現職社員や元社員から話を聞くメリットですが、 HPや会社説明会、募集要項に記載されていない情報を得ることができます。

ここで得た情報を有効活用することによって、面接で話す内容に深みや具体性を持たすことができますし、入社後のリアルを想像しやすくもなるでしょう。

ぜひ上手く活用してみてください!


現職社員や元社員から話を聞く方法

まず、現職社員や元社員から話を聞く方法はいくつかあります。

  • 学校のキャリアセンターから紹介をしてもらう。
  • ゼミやサークルなどのOBOGをあたる。
  • 知人や家族などから紹介をしてもらう。
  • SNSやアプリを活用する。
  • 直接企業に問い合わせる。
  • 説明会に参加した際に人事担当者にOBOG訪問をしたいことを伝える。
  •               

などと方法は様々ありますが、どれが正解ということはございません。 色々な方法でアプローチをしてみましょう!

また、アプローチする際は「忙しい中時間を作ってもらっている」ということを意識しましょう。

企業によってはビジネスマナーなどを細かく確認している企業もありますので、「OBOG訪問 マナー」などと検索し、前もって準備をしておくと安心ですね!


訪問前の準備について

訪問が決まれば準備をしっかりしましょう!

準備をせずに当日を迎えてしまうと、 思うように情報収集をできないというだけでなく、 場合によっては企業側に良くない印象を与えてしまう可能性もあります。 お互い有意義な時間とするために準備は大事です!

ぜひ以下の点を意識して準備をしてみてください。

  • 自身の就活の軸を明確にしておく。
  • 志望業界や訪問企業のHP、募集要項など事前に予備知識を収集しておく。
  • 可能であれば相手の役職や職種などを押さえておく。
  • 質問をいくつか準備しておく。

最後に

プリンシプルではカジュアル面談も受け付けています! 少しでも興味があれば、HPや採用Twitterなどからお問い合わせください。

また、プリンシプルのことだけでなく、就活についての相談なども大歓迎ですので何でも聞いてくださいね!

続き(5.競合他社を調べる)は次回とさせていだきます。

少しでも参考になった!という方はSNSなどでシェアをお願いいたします! ブログ更新の励みになります!

質問などもお待ちしております(^o^)

採用に関する情報はTwitter(@principle_job)、Instagram(@principle_c)でも情報を発信しておりますので、ぜひフォローをお願いいたします!

中山雄一

リクルート・ESチームマネージャー。事業会社で7年間採用業務に従事。その後フリーランスを経てプリンシプルに入社。国家資格キャリアコンサルタント。

by 中山雄一・リクルートチーム