データを可視化させる大規模案件のプロマネ

DXコンサルタント 上村 栄

店舗・商業施設等の人流解析を行うベンチャー企業にてプリセールス&設計・導入担当を経て、プリンシプルに入社。

DXコンサルタント 上村 栄

DXディビジョン Visualizeユニットでの仕事

DXディビジョンのVisualizeユニットに所属し、Tableauに関連するプロジェクトマネジメント業務をしています。
Visualizeユニットは、 TableauでデータをVisualize(=可視化)させ、企業のDX化を支援するユニットです。従来ツールに対し「手間がかかる」「制約が多い」などのご不満を感じていらっしゃる企業様に対し、Tableauを用いて可視化することで、業務効率化をすると共に新しいインサイトを得ていただくお手伝いをしています。

私は2020年5月に入社直後からプロジェクトマネージャーとして、大手国内メーカー様や大手デベロッパー様のプロジェクトを担当してきました。
大手国内メーカー様の案件では、経営層向けから各部門担当者向けのダッシュボードまで、粒度や定義が異なる複数のダッシュボードをエンジニアと協力しながら仕上げていったので難易度は高かったのですが、やりがいのあるプロジェクトでした。

大手デベロッパー様の案件では、コンペの段階から関わり、チームメンバーとともに、レイアウト、機能、デザインなどを考え、要求に応じたモックアップを完成させることができ、受注につなげることができました。プリンシプルとしても作製実績のない新しいタイプのダッシュボードだったのですが、他チームのエンジニアとも連携し、お客様に満足していただける結果となりました。

業務で難しく感じる点

お客様のご要望がある中で、チームメンバーにも、クライアントにとっても、「翻訳家」となって二者の橋渡しをするのがプロジェクトマネージャーとしての大切な役割の一つなのですが、そこには難しさを感じることもあります。

「翻訳」というのは二つ意味があり、一つ目は技術的な内容の翻訳です。技術的な仕様とお客様からのご要望を、相互に理解できる表現でキャッチボールをするために間に入ってコミュニケーションを行っています。

二つ目は、文字通りなのですが、チームメンバーの構成が多国籍なので、用語・慣習・専門用語などをわかりやすく伝えるという点です。最近では「『はんこリレー』ってどういう意味ですか?」と聞かれたりしました。言語だけでなく、スキルや背景などが異なることによる違いを起因とする翻訳も必要なときがありますね。

仕事のおもしろさ

納品したダッシュボードを実際にお客様に活用いただけることが何より嬉しいですね。プロジェクト中に良い提案ができた時やご要望を叶えられた時も嬉しいのですが、ダッシュボードを使っていただいて「すごく良いですね」「とても助かっています」などの感想をいただけると、達成感を感じます。

ダッシュボード製作は、納品するまでに至るプロセスがあるのですが、ヒアリングから始まり、実装させるまでに社内外とのコミュニケーションを重ねます。それらの工程を乗り越えて納品しますので、喜びもひとしおです。

お客様との関係性

お客様の信頼を得るには、ビジネスパーソンとしてはもちろん、プリンシプルのプロジェクトマネージャーとして、どう振る舞うべきかを常に意識しています。

また、お客様が求めていることを適切に納品するだけの「待ちの姿勢」ではなく、さらに踏み込んだ提案をする機会に備えて能動的に働きかけるコミュニケーションを心がけています。メンバーの質の高いパフォーマンスのおかげで信用残高を積み重ねられることも助かっています。

会社の魅力

入社してから感じるのは、同僚のスキルの高さとホスピタリティ、人間性の良さです。 特に、Tableau関連やデータ周りで言えば、木田さん、山田良太さん、大久保紀子さん、Erisさん、元Tableau社員のRayさんに、と専門家がバックで控えてくれているのは大変ありがたく心強い環境だと感じています。

私は前職では、人の通行量や動きを分析するオフライン分析サービスに関わっていましたので、オフライン領域をドメインにされてきたお客様に、新しいデジタル領域へトランスフォーメーションするために、支援できるということが、プリンシプルで働くことの魅力ですね。

今後の自分と会社の可能性

プリンシプルはツールベンダーではないので、様々な提案ができるポテンシャルに満ちています。DXという文脈でVisualizeを考えた時、オンラインとオフラインを俯瞰的に捉えられる力が必要です。自分が蓄積してきたオフラインでの知見とプリンシプルのオンラインの知見をかけあわせて、シナジーを出せたらと思っています。

現在は自社既存サービスを利用した領域が主ですが、多様な課題、ニーズをお客様から伺っており、マーケティングに関わらず、大きな文脈でDXの支援をできるようにならないかと考えています。それは、外部パートナーとの連携を拡大するということも一つの手段になるかもしれません。あくまで個人の見解ですが。
DXが社会から求められているなかで、どのようにお客様に寄り添って、自分が貢献できるかを楽しみにしています。