子会社紹介
デジタルラグーン

デジタルラグーン 代表取締役  小田 啓介

株式会社デジタルラグーン 代表取締役。プリンシプル広告チームマネージャーを経て2021年より現職。大手流通企業へのWeb広告・Googleアナリティクスコンサルティング及び、クライアント先常駐経験を持つ。

デジタルラグーン 代表取締役  小田 啓介

デジタルラグーンについておしえてください。

新潟県に拠点を置き、Web広告を中心にSEO、メールマーケティング、ソーシャルメディアマーケティングなどの戦略立案から運用支援までを行っている会社です。

デジタルラグーンは、成果の達成を軸にお客様の事業成長を追求し続ける 「リザルトドリブンなデジタルコンサルティング会社」として、お客様の事業が効果的に成果を生み出せるよう伴走しています。

設立のきっかけは何だったのでしょうか。

プリンシプルのWINと私のWINが合致したことがきっかけです。かねてより、出身地の新潟を拠点として、都心と海外を行き来する生活を実現したいと思っていました。そんな中、会社の戦略の一つに「エリア戦略」が盛り込まれました。「新潟をプリンシプルのエリア戦略の拠点にしたい」と社長の楠山さんに相談し、いくつかのプロセスを経て設立が実現されました。

今後の目標をおしえてください。

デジタルラグーンでは、お客様のビジネスの成長を実現させるために、データに基づく戦略をたて、運用し、パフォーマンスを分析するデータドリブンな支援を継続的に行っていきます。

また、新潟県をはじめとする地方都市の人材に、地方に拠点を置きながらも、都心・世界水準の就業機会を提供していくことも目標です。 少子高齢化が進み経済成長が鈍化していく中、次世代が自由に仕事と居住地を選択でき、幸せに生きれられるよう後押ししていきたい思っています。 これは、私のミッションでもあります。

デジタルラグーンで働く魅力は何ですか。

私たちのお客様は、主にプリンシプルが支援をしているナショナルクライアントやアメリカ拠点のグローバル企業です。大手企業を相手にスケールの大きな仕事に関わり経験を積んでいっていただけます。

働く環境として、新潟はお米と魚介類など食べ物が新鮮で美味しいことと、日本海の素晴らしい景色に囲まれて健康的に働くことができるのも魅力の一つだと思います。

【デジタルラグーン公式サイト】